【動画】 完全に自動制御された農作業マシーンなどの詰め。ロボット農夫

農業マシーン詰め
農業や林業を自動化するというのは人類の夢なのでしょう。それでソイレントみたいなものを作るところまで自動化したら食糧問題とか無くなるンジャないでしょうか?ここでは「わら」みたいなものをラッピングする機械や、木を伐採して製材する「ロボット木こり」など、いくつかご紹介。完璧過ぎて見ていて気持ちが良い動画。




New Kuhn SW 4014 Bale Wrapper Wins 2016 ASABE AE50 Award







Various wood chopping/harvesting machines






Logs to Lumber - An aerial journey through the sawmill



:関連記事:

ワイルドすぎるトラクター
ワイルドすぎるトラクターのワイルドな出荷作業。スーパーCM




この記事へのコメント

  • ひろぶろ名無し

    実はあの牧草の塊が何なのか知らない
    2016年02月17日 04:28
  • ひろぶろ名無し

    乳牛への餌じゃないかな。
    2016年02月17日 07:37
  • ひろぶろ名無し

    牧草を巻くラップも無くなったら自動的に箱から取り出して装填してくれるのかね?
    2016年02月17日 20:07
  • ひろぶろ名無し

    昔、牧草を貯蔵する円筒形の大きな保存庫がありました
    「サイロ」と言うもので、北海道の農場にありそうなものをイメージしていただけると分かると思います。
    刈り取った牧草をサイロに保管、積み重ね自然の乳酸菌で
    発酵させたものを「サイレージ」と言います
    現在は建設費用や維持管理費用の点からサイロはあまり使われなくなりました。
    刈り取り後に攪拌、乾燥させた後にかき集める機械で
    円筒やキューブ状に押し固めた後、動画のようにラップで巻きます
    これを「ラップサイロ」と言います。暫くの時間保管しておくと
    自然発酵してきます。
    このサイレージと刈り取ったばかりの新鮮な牧草を半々くらいに混ぜて
    牛のエサとして使います。

    似たような物で干草の緑色ではなく茶色く枯れた稲藁を固めて何かの用途に使う農家さんもいますが、
    サイレージと呼ぶのは緑色で牧草を発酵したものだけです
    2016年02月18日 03:13