【動画】 日本の紙風船は膨らませなくても叩いているだけで膨らむ数式。

紙風船は叩けば膨らむ
今回も時枝正(ときえだ ただし)」数学博士が解説する日本の不思議なオモチャ、紙風船。
実はこの紙風船、口で息を吹き込んで膨らませなくても叩いて遊んでいるうちに勝手に膨らむということはご存知でしたでしょうか?それを数学的に説明してくれています。




An unexpected way to inflate a balloon - Numberphile



軽い紙は空気に対して比較的不浸透性であるばかりでなく、容易に変形してその形状を保持する程度の可塑性も有する。それらの特性のため、上層部はその空気含有量に見合った容量まで膨張し、追加の空気が追加されるまでその容量を維持する。結果として、押しつぶされた紙風船は空気を蓄積し、一回のバウンスからの空気の供給が小さくても繰返しのバウンスにより、最終的にそのフルサイズまで膨張する可能性がある。

な~るほどね~~w!!わかるわかる。だ~とおもったぁ~!!
   
ネットによくあるアホっぽいアイコン

:関連記事:

時枝正博士のペーパーマジック
「紙の輪っか」が手の指をすり抜ける!? 博士の不思議なマジック




この記事へのコメント

  • ひろぶろ名無し

    数学?
    2017年11月27日 17:55
  • ひろぶろ名無し

    地味にこれすごいね
    古来の人は計算したわけではないのだろうけど、理屈ではわかってたってことだよね
    やっぱ古代人は頭いいわ
    2017年11月27日 22:48
  • ひろぶろ名無し

    これ有名なフェイク
    2017年11月27日 22:52
  • ひろぶろ名無し

    すげーな 昔の麿たちはかしこだなぁ
    2017年11月30日 14:35
  • ひろぶろ名無し

    ピーコやんけー!
    生きとったんかワレェ!
    2017年12月16日 15:36