【動画】 西洋の「ロングソード」の戦い方は意外と残酷で日本に似てた!!

西洋のロングソードの戦い方
西洋のロングソードでの実践的な戦い方を色々見せてくれている動画。それも「盾」を使わず両手で剣を握って戦う時の戦い方なので、日本のサムライの戦い方にかなり近いかもしれません。基本的には防具の無い相手の首元を狙いますが、状況によって蹴ったり組み合って倒したりもあります。



Akademia Szermierzy - Fior di Battaglia: Chapter III (The Plays of the Sword)




この記事へのコメント

  • ひろぶろ名無し

    逆に殺し合いの道具で残酷でないものなんてあるのかよ
    2018年04月19日 21:03
  • ひろぶろ名無し

    サムライってこんな戦い方してたの?
    2018年04月19日 21:28
  • ひろぶろ名無し

    これロングソードか?
    何か細いのだが・・・。
    向こうの両手剣というともっとゴツくて叩き切る感じだった気がする。
    これサーベル辺りの剣技じゃないの?
    2018年04月19日 21:29
  • ひろぶろ名無し

    同じ形状の武器を持てば人間なんて白人も日本人も同じなんだから、合理性を突き詰めれば同じ戦い方になるよ。
    2018年04月19日 21:39
  • ひろぶろ名無し

    ※2
    古流の剣術こんな感じだぞ
    デカい看板背負って大風呂敷広げてるだけの所は体たらくが激しいが
    2018年04月19日 21:40
  • ひろぶろ名無し

    でも実際には現代では技術教授が断絶していて、剣道や合気剣を参考に再現したのが事実。
    本や絵くらいしか残ってなくて、どうだったか分からない。
    2018年04月19日 22:00
  • ひろぶろ名無し

    ※3が言ってるのは鍛治や製鉄技術が低かった頃の剣の話。
    近代でこういう粘りがある剣が作れるようになる前は、強度を持たせるため分厚く必然的に重くなるしかなかった。
    2018年04月19日 22:04
  • ひろぶろ名無し

    ※3
    分厚くて幅広なのは、9世紀頃の鉄剣のイメージだな
    そこから鍛造された鋼の剣が生まれ、フォルムが洗練されてくる
    2018年04月19日 23:12
  • ひろぶろ名無し

    『相手の剣を直接掴む』ってのは初めて見たな
    ガントレット+鈍めの刃 ってことを利用してんのかね
    2018年04月19日 23:33
  • ひろぶろ名無し

    1番のコメントでもう答えだった。
    2018年04月20日 00:07
  • ひろぶろ名無し

    まぁ似るよね人間だもの 蜜男
    2018年04月20日 22:03
  • バガボンド

    うそくさいな。実戦だとこんな力抜いて戦えるわけない
    2018年05月02日 19:48