【動画】 レンズと撮影方法でスピードが全然違って見える電車の車窓!!

電車のスピードパースペクティブ.jpg
所謂パースペクティブという奴ですね?映画等ではこれらの技術をシーンに合わせて巧みに使い分けているのだとか。北岡明義(立命館大学の心理学教授)さんのこの映像は、視界が速度の知覚にどのように影響するかを示しています。





この知覚のコツは、広角レンズを使用してカメラに近づいている物体がより速く動くように見せています。逆に、動いている物体を背後または正面から撮影する場合、広角レンズの方が適しています。狭いレンズは視界深度を圧縮する傾向があり、広いレンズは拡大します。これが何を意味するか:250mm望遠レンズと14mm広角レンズの両方を使用して、カメラに直接近づく同じオブジェクトを撮影する場合、オブジェクトは広角で知覚されるサイズではるかに迅速かつ劇的に成長します。このZ軸上の距離の強調は、フライバイ、動いている被写体のクローズアップ、そして再び動いている被写体の前面または背面のショットに最適です。
とのことです。


この記事へのコメント

  • ひろぶろ名無し

    ドラレコの動画を見て「スピード出し過ぎ!」というコメントがよくあるけど、実際のところはそこまで出ていなかったりする。
    2020年02月07日 17:50
  • ひろぶろ名無し

    「知覚のコツ」と言う早々に意味を読み解くのを断念したけど
    要は近くの物は早く感じ、遠くの物は遅く感じるって事だよね?
    2020年02月07日 20:29
  • ひろぶろ名無し

    難しいことはどーでもいいんだよ
    複々線の前面展望は素晴らしいな
    2020年02月07日 21:27
  • ひろぶろ名無し

    原理はすぐわかったが、予想以上だったわ。
    2020年02月08日 00:49
  • ひろぶろ名無し

    gifかなんかで真ん中を隠した時と両端を隠した時で速さが違うのと同じ原理?
    2020年02月08日 15:26